水島エルエヌジー株式会社

〒712-8071 岡山県倉敷市水島海岸通4丁目2番地(JXTGエネルギー(株)水島製油所A工場内)

TOPICS

■ 17/09/27 第12回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

「LNGローリー出荷安全研修会」を9月27日に販売会社・輸送会社・出荷作業委託会社の皆様に参加をいただき開催しました。今後も継続実施していくことで、関係者相互の安全意識をより一層深めてまいります。

■ 17/04/01 ガス受託製造約款届出について

経済産業大臣へガス受託製造約款の届出を実施しました。

■ 17/03/14 水島エルエヌジー基地 無災害記録4000日達成について

2006年4月1日の営業運転開始以降継続中の当基地無災害記録が、2017年3月14日に4000日に到達いたしました。
今後も、社員一丸となって、無災害記録を継続するための取り組みを積極的に展開し、安全操業・安定供給に努めてまいります。

■ 16/12/25 LNG船 第150船目の受け入れについて

2006年1月の第1船受入から累計し、150船目となるLNG船(PUTERI INTAN号)を受け入れました。

■ 16/10/28 第1回LNG船緊急離桟訓練の実施について

LNG船着桟時に津波警報が発令されたことを想定し、第148船(NORTHWEST SEAEAGLE号)にてLNG船緊急離桟訓練を実施しました。

第1回LNG船緊急離桟訓練の実施について

LNG船回頭作業

■ 16/10/06 第11回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

「LNGローリー出荷安全研修会」を10月6日に販売会社・輸送会社・出荷作業委託会社の皆様に参加をいただき開催しました。

■ 16/07/23 水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」への参加について

7月23日に水島清港会主催の水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」が開催されました。当社社員も参加し、水島港近隣企業の皆様とともに、ゴミ拾いや草取りなどに汗を流しました。
今後もこうした活動に積極的に参加し、地域の美化活動に貢献してまいります。

■ 16/04/01 LNG基地営業運転開始10周年について

4月1日にLNG基地営業運転開始10周年を迎えました。営業運転開始以降、無事故・無災害で今日を迎えられたのも、ひとえにお客さまおよび関係者の方々のご支援のおかげです。改めまして心より深く感謝と御礼を申し上げます。
基地営業運転開始10周年を機に、引き続き、皆さま方のご期待に応えるべく役員・社員一同、更なる努力をいたす所存でございますので、ご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

■ 16/02/15 LNGローリー出荷30,000台達成について

2006年7月1日の出荷開始から約9年8ヶ月を経て、無事故・無災害でローリー出荷30,000台を達成しました。引き続き、安全作業への取り組みを進めるとともに、作業環境の改善も図り、安全操業・安定供給に努めてまいります。

LNGローリー出荷30,000台達成について

30,000台目ローリー乗務員の方へ花束贈呈後、関係者での記念撮影

■ 15/11/27 LNGローリー出荷作業への樹脂製フレキシブルホース導入拡大について

本日、当社LNGローリー出荷設備全レーンへの樹脂製フレキシブルホース導入が完了致しました。
樹脂製フレキシブルホースにつきましては、従来使用していた金属製フレキシブルホースと比較してコスト面・耐久面・操作性において優位にあるとされており、本年3月1日より1レーンへ導入し、試験運用を実施してまいりましたが、期間中のトラブルはなく、出荷作業関係者より操作性が向上したとの高い評価を得たことを受け、全レーンへの導入拡大を決定致しました。
今後も作業環境の向上を目指し、創意工夫を継続してまいります。

■ 15/10/31 水島エルエヌジー基地 無災害記録3500日達成について

2006年4月1日の営業運転開始以降継続中の当基地無災害記録が、本日3500日に到達いたしました。
今後も、社員一丸となって、無災害記録を継続するための取り組みを積極的に展開し、安全操業・安定供給に努めてまいります。

■ 15/10/26 LNGローリー出荷非常対応訓練の実施について

10月26日 弊社LNGローリー積場での非常対応を想定した訓練を実施しました。
訓練では、出荷中フレキシブルホースから微量のLNGが漏洩したとの想定のもと、実際に出荷作業を行っていたローリーに対し、出荷作業を中断し、LNG漏洩停止措置を実施した後、別レーンへ移動して出荷作業を再開するまでの一連の非常対応を行いました。
今後もこうした訓練を継続実施し、安定供給の維持に努めてまいります。

LNGローリー出荷非常対応訓練の実施について

■ 15/10/07 第10回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

毎年度実施しております「LNGローリー出荷安全研修会」を10月7日に開催しました。
今年度も販売会社・輸送会社・出荷作業委託会社の皆様に参加をいただき、トラブル事例の水平展開や安全対策に関する取り組み内容の紹介などを行いました。
また、今回は、当社出荷設備全レーンへの導入を計画している樹脂製フレキシブルホースに関する説明も行い、操作性の向上などの導入目的について、理解を深めていただきました。
今後もこうした取組みを継続実施していくことで、関係者相互の安全意識をより一層深めてまいります。

第10回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

■ 15/07/25 水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」への参加について

7月25日に水島清港会主催の水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」が開催されました。例年同様、当社社員も参加し、水島港近隣企業の皆様とともに、ゴミ拾いや草取りなどに汗を流しました。
今後もこうした活動に積極的に参加し、地域の美化活動に貢献してまいります。

■ 15/04/02 LNGローリー出荷作業への樹脂製フレキシブルホース導入について

当社LNGローリー出荷作業においては、金属製フレキシブルホースを採用しておりますが、本年3月1日より、出荷設備5レーンのうち1レーンへ樹脂製フレキシブルホースを導入し、出荷作業を実施しております。
樹脂製フレキシブルホースについては、金属製フレキシブルホースと比較してコスト面・耐久面・操作性において優位にあるとされており、今後の使用実績を踏まえ、導入拡大について検討を進めて参ります。

LNGローリー出荷作業への樹脂製フレキシブルホース導入について

■ 15/01/06 LNGローリー月間出荷実績更新および累計出荷台数25000台達成について

昨年12月におけるLNGローリーの月間出荷実績が435台を記録し、昨年3月に記録しました月間最高記録(387台)を更新いたしました。
また、1日あたりの出荷台数についても、12月18日(木)に29台を記録し、これまでの最高記録(19台)を大きく上回りました。

さらに、1月6日(火)には、2006年7月1日の出荷開始から約8年6ヶ月で、ローリー出荷25,000台を達成しました。
今後も、出荷開始から継続中の無事故・無災害を絶やすことなく、安全最優先で取り組んでまいります。

LNGローリー月間出荷実績更新および累計出荷台数25000台達成について

■ 14/12/19 水島LNG基地 流量計取替工事等安全祈願の実施について

12月19日 福田神社(倉敷市北畝)において、工事関係者出席のもと 水島LNG基地流量計取替工事等の安全祈願を実施しました。
現地工事期間 平成27年1月〜平成27年3月

水島LNG基地 流量計取替工事等安全祈願の実施について

■ 14/11/19 LNGローリー出荷非常対応訓練の実施について

11月19日 弊社LNGローリー積場での非常対応を想定した訓練を実施しました。
訓練では、製油所内で避雷警報が発令されたとの想定のもと、実際に出荷作業を行っていたローリーに対し、警報発令に伴う出荷作業中断・緊急避難および警報解除後の出荷作業再開といった非常対応を行いました。
今後もこうした訓練を定期的に実施し、安定供給の維持に努めてまいります。

LNGローリー出荷非常対応訓練の実施について

訓練風景

■ 14/10/24 第9回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

毎年度開催しています「LNGローリー出荷安全研修会」を10月24日に開催しました。
今年度も販売会社・輸送会社・出荷作業委託会社に参加いただき、当年度のトラブル事例の水平展開や安全対策に関する取り組み内容の紹介などを行いました。
また、研修会終盤では、非常時対応のために備付けておくべき用具について、活発な意見交換を行うことができました。
今後もこうした機会を定期的に設け、関係者相互の安全意識の醸成を図ってまいります。

第9回LNGローリー出荷安全研修会の開催について

■ 14/07/26 水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」への参加について

7月26日に水島清港会主催の水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」が開催されました。昨年に引き続き当社社員も参加し、水島港近隣企業の皆様とともに、ゴミ拾いや草取りなどに汗を流しました。
今後もこうした活動に積極的に参加し、地域の美化活動に貢献してまいります。

水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」への参加について

■ 14/06/20 LNG船 第100船目の受入について

2006年1月の第1船受入から累計し、100船目となるLNG船を受け入れました。これまでの輸入国は累計で10ヶ国を数え、取扱数量も現在では年100万トンを超えるまでになっています。
今後とも安全操業を最優先とした取組を継続し、クリーンエネルギーである天然ガスの安定供給に努めてまいります。

LNG船 第100船目の受入について

■ 14/06/17 水島エルエヌジー基地 無災害3000日達成について

2006年4月1日の営業運転開始以降継続中の当基地無災害記録が、本日3000日に到達いたしました。
今後も安全操業を最優先とした取り組みを継続し、クリーンエネルギーである天然ガスの安定供給に努めてまいります。

■ 14/05/23 高圧ガスLNG協会理事会および高圧ガス保安協会との意見交換会の開催について

本日、当社において、平成26年度高圧ガスLNG協会(※1)理事会が開催されました。
本理事会では、前年度の活動報告を行った後、今年度の活動計画が可決されました。
また、本理事会終了後には、高圧ガス保安協会(※2)との意見交換会を開催し、相互のトピックス紹介や情報交換を行いました。

※1 高圧ガスLNG協会
高圧ガス保安法によるLNG受入基地(建設中を含む)を運営する会員相互の情報交換、協議を通じ、高圧ガスの保安を確保し、業界の健全な発展を目的とする。
[会員] 北九州エル・エヌ・ジー株式会社、日本海エル・エヌ・ジー株式会社、知多エル・エヌ・ジー株式会社、
大分エル・エヌ・ジー株式会社、堺LNG株式会社、坂出LNG株式会社、水島エルエヌジ-株式会社(計7社)

※2 高圧ガス保安協会
高圧ガスによる災害の防止に資するため、高圧ガスの保安に関する調査、研究及び指導、高圧ガスの保安に関する検査等の業務を行うことを目的として、高圧ガス保安法に基づき、昭和38年に設立され、昭和61年に民間法人化された高圧ガス保安の専門機関。

高圧ガスLNG協会理事会および高圧ガス保安協会との意見交換会の開催について

意見交換会風景

■ 14/04/11 高圧ガスLNG協会幹事会開催について

本日、当社において、平成26年度高圧ガスLNG協会(※)幹事会が開催されました。
本幹事会では、本年5月に予定されている同協会理事会での議案の確認を行うとともに、高圧ガスLNG協会の活動状況報告や各会員会社のトピックスの紹介を行い、会員相互の情報交換を行いました。

※高圧ガスLNG協会
高圧ガス保安法によるLNG受入基地(建設中を含む)を運営する会員相互の情報交換、協議を通じ、高圧ガスの保安を確保し、業界の健全な発展を目的とする。
[会員]
北九州エル・エヌ・ジー株式会社、日本海エル・エヌ・ジー株式会社、知多エル・エヌ・ジー株式会社、
大分エル・エヌ・ジー株式会社、堺LNG株式会社、坂出LNG株式会社、水島エルエヌジ-株式会社(計7社)

高圧ガスLNG協会幹事会開催について

■ 14/04/07 中国電力玉島発電所向け天然ガス送出開始について

本日、中国電力玉島発電所向け天然ガスの送出を開始いたしました。
今後もLNG基地の安定操業を通じて、LNGおよび天然ガスの利用促進を図ってまいります。

■ 14/03/31 LNGローリー月間出荷実績更新について

本年3月におけるLNGローリーの月間出荷実績が387台を記録し、本年1月に記録しました月間最高記録(341台)を更新いたしました。
今後も、安全最優先の出荷作業を継続するとともに、出荷体制の最適化に向けた取り組みを継続的に実施し、お客様のニーズに柔軟に対応してまいります。

■ 14/03/18 LNGローリー出荷安全研修会の開催について

毎年度開催しています「LNGローリー出荷安全研修会」を3月18日に開催しました。
本研修会では、例年同様、販売会社・輸送会社・出荷作業委託会社に参加いただき、当年度のトラブル事例の水平展開や安全対策に関する取り組み内容の紹介などを行い、安全意識の徹底を図りました。

LNGローリー出荷安全研修会の開催について

研修会風景

■ 14/02/20 実消火訓練への参加について

2月20日に開催されたJX日鉱日石エネルギー蠖綸臉縮所主催「実消火訓練」へ参加しました。
訓練では、水を張ったオイルパンに灯油を入れ燃焼させ、ABC粉末消火器を使用して実際に消火活動を行い、より実践に近い状況下で消火活動手順を再確認することが出来ました。
今後もこうした訓練へ積極的に参加し、安全操業の維持に努めてまいります。

実消火訓練への参加について

訓練風景

■ 14/01/31 LNGローリー月間出荷実績更新について

本年1月におけるLNGローリーの月間出荷実績が341台を記録し、過去の月間最高記録を大幅に更新いたしました。
今後も、2006年7月1日の出荷開始から継続中の無事故・無災害を絶やすことなく、安全最優先で取り組むことはもとより、お客様のニーズに柔軟にお応えできるよう、出荷体制の最適化に向けた取り組みを継続的に実施してまいります。

LNGローリー月間出荷実績更新について

2014年1月最終出荷ローリー(月間341台目)

■ 13/11/22 消火器取扱い訓練への参加について

11月19日〜22日に開催されたJX日鉱日石エネルギー蠖綸臉縮所主催「消火器取扱い訓練」へ参加しました。
訓練では、消火器の特性や使用方法についての説明を受けた後、水消火器を使用して模擬消火活動を実施し、消火器による消火活動の留意点を体感することが出来ました。
今後もこうした訓練へ積極的に参加し、安全操業の維持に努めてまいります。

消火器取扱い訓練への参加について

訓練風景

■ 13/10/31 LNGローリー積場発災想定訓練の実施について

10月31日 弊社LNGローリー積場での発災を想定した訓練を実施しました。
訓練では、LNGローリー積場での発災から製油所現地対策本部設置までの間の初動措置を行うとともに、関係箇所への通報連絡訓練を行いました。
今後もこうした訓練を定期的に実施し、安定供給の維持に努めてまいります。

LNGローリー積場発災想定訓練の実施について

訓練風景

■ 13/08/14 LNG受入500万t達成について

2006年1月16日のLNG船初入港以来、第85船目で水島エルエヌジー基地500万トンの受入れを達成しました。

LNG受入500万t達成について

第85船 NORTHWEST SEAEAGLE号

■ 13/08/06 LNGローリー出荷20,000台達成について

2006年7月1日の出荷開始から約7年1ヶ月で、ローリー出荷20,000台を達成しました。今後も、出荷開始から継続中の無事故・無災害を絶やすことなく、安全最優先で取り組んでまいります。

LNGローリー出荷20,000台達成について

ニヤクコーポレーション ローリー乗務員様へ住谷社長から花束贈呈

■ 13/07/20 水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」への参加について

7月20日 水島港周辺企業を対象に開催されました水島清港会主催の水島港一斉清掃活動「リフレッシュ水島港クリーン大作戦」へ参加しました。当日は、強い日差しが照りつける中での活動となりましたが、ゴミ拾いや雑草の刈取りなどを通じて、地域の美化活動に貢献しました。

■ 13/06/01 ホームページのリニューアルについて

水島エルエヌジーグループ再編(※)に伴い、当ホームページをリニューアル致しました。
※詳細につきましては、トピックス「13/04/01 水島エルエヌジーグループの再編について」をご覧ください。

■ 13/05/13 中国電力玉島発電所向け高圧ガス送出設備増設工事安全祈願祭の開催について

5月8日 福田神社において「中国電力玉島発電所向けガス送出設備増設工事」の安全祈願祭を実施し、5月13日から現地工事に着手しました。

■ 13/04/01 水島エルエヌジーグループの再編について

当社は、効率化の推進による事業基盤強化を目的とした再編を行うこととし、本日、関係各会社間において会社分割契約および合併契約を締結しました。

具体的には、天然ガスや液化天然ガス(LNG)の調達・販売および販売設備の維持管理を行っている水島エルエヌジー販売株式会社(以下「販売会社」という)の事業のうち、調達・販売に関する事業について会社分割を行い、JX日鉱日石エネルギー株式会社(以下「JX」という)および株式会社エネルギア・ソリューション・アンド・サービス(中国電力株式会100%子会社。以下「ESS」という)へ継承します。
この会社分割により、販売会社には販売設備の維持管理事業のみ残ることとなりますが、この販売会社および天然ガス輸送事業を行っている岡山パイプライン株式会社を消滅会社とし、LNG基地の運営を行っている水島エルエヌジー株式会社を存続会社とする吸収合併を行います。

当社は、今回の再編後もJXおよびESSを通じて安定供給を行うことで、LNGおよび天然ガスの利用促進を図ってまいります。

<会社分割ならびに合併に関する日程>
・会社分割、合併契約締結 :平成25年4月1日
・会社分割、合併の実施日(効力発生日):平成25年6月1日(予定)

■ 13/03/29 LNGローリー出荷19,000台達成について

2006年7月1日の出荷開始から約6年9ヶ月で、19,000台目の出荷を達成しました。なお、20,000台目の出荷は、2013年8月頃に達成の見込みです。

■ 13/03/08 水島エルエヌジー基地 SSARの実施について

水島エルエヌジー基地は3月7日・8日両日で西豪州LNGプロジェクトのSSAR(Ship-Shore Assurance Reviews: 船陸間健全性確認)を実施しました。
SSARはLNG受入荷役を安全・安定かつ確実なものとするため、船陸インターフェイスの設備及び管理体制の健全性をOCIMF(Oil Companies International Marine Forum、石油会社国際海事評議会)出版のMarine Terminal Baseline Criteria and Assessment Questionnaireに沿ってLNGの売主及び買主が定期的に確認するもので、当基地としては初めての試みとなりました。これまで当基地は安全・安定操業を最優先に取り組んできましたが、安全への取り組みを高く評価いただきました。
当基地は今回の結果を踏まえ、より一層の安全・安定操業に努めてまいります。

■ 13/02/18 水島海上保安部消防船「すいりゆう」解役に伴う放水演習について

3月12日(火)に解役(引退)する水島海上保安部の消防船「すいりゆう」が2月18日(月)、水島港において放水演習を行いました。
「すいりゆう」としては最後となる今回の演習は、当社水島LNG基地へのLNG船入港に合わせ、放水演習が行われました。

消防船「すいりゆう」は、昭和53年に大型タンカーの火災やコンビナート災害への対応を目的に建造され、35年の長きに亘って、水島コンビナートや岡山・香川・広島県東部海域の安全・安心を守ってきました。

水島海上保安部消防船「すいりゆう」解役に伴う放水演習について

当社水島LNG基地で放水演習を行う消防船「すいりゆう」

■ 13/02/02 水島エルエヌジー基地 無災害2500日達成について

水島エルエヌジー基地は2006年4月1日の営業運転開始以来、2013年2月2日に2500日の無災害を達成致しました。
当基地はこれまで安全・安定操業を最優先に取り組んできましたが、その結果が今回の無災害記録へつながったものと感じております。引き続きクリーンエネルギーである天然ガスの安定供給を通じて、地域社会へ貢献してまいります。

■ 12/09/25 国内最大級の大型LNGローリー車(同芯異径胴型)が当基地で初出荷

国内最大級の大型LNGローリー車(14.8t積:株式会社エネックス殿所有)が、当基地にてLNGの初出荷を行いました。

当基地から、同クラスの大型LNGローリーの出荷は今回が初めてになります。

同車両は、タンク中心部が太く両端部が細い「同芯異径胴型」と呼ばれる珍しい形をしたローリー車です。
タンクの容量を増やすためには、長さを伸ばすか、太くするかの2つの方法があります。長すぎると車検に通らなくなってしまい、一方ただ単に太くすると今度は車両の重心が高くなり安定しなくなってしまいます。そこでそのバランスを取るよう、このような構造になっています。

ローリー車については大型化が進んでおり、今後更なるLNGの効率配送に寄与していくものと期待しております。

国内最大級の大型LNGローリー車(同芯異径胴型)が当基地で初出荷

■ 11/09/01 岡山ガス株式会社殿の熱調設備の竣工式への参列について

9月1日(木)、岡山ガス株式会社殿の築港工場内に、新たに設置された熱調設備の「竣工式」へ、宮崎・伊藤社長他3名が参列しました。

熱調設備とは、弊社が岡山パイプラインを通して供給する天然ガスを、都市ガス用に熱量を調整する設備です。

当日参列した関係者全員で今後の安全運転・安定供給を祈念しました。

岡山ガス株式会社殿の熱調設備の竣工式への参列について

写真最前列の右から、水島エルエヌジー蝓Φ楮蠎卍后⊃綸腑┘襯┘魅検屡稜筬蠏鷁山パイプライン蝓Π貌社長

■ 11/07/01 岡山向け天然ガス導管敷設工事の竣工について

グループ会社の岡山パイプライン株式会社(社長:伊藤 克己)は、水島エルエヌジー株式会社が、岡山県倉敷市に所有する水島LNG基地から岡山市内までの天然ガス専用パイプライン(導管)の敷設工事を、平成21年6月から進めてまいりましたが、本日、営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

岡山向け天然ガス導管敷設は、環境意識の高まり等により、天然ガス需要の増加が見込まれることから、岡山市、倉敷市エリアへ、天然ガスを安定・安全に供給することを目的として実施したものです。

岡山パイプライン株式会社は、クリーンエネルギーである天然ガスの輸送事業を通じて、地域社会の発展に努めてまいります。

■ 11/04/01 水島LNG基地増設工事の竣工について

水島エルエヌジー株式会社(社長:宮崎 憲二、以下「水島エルエヌジー」)および水島エルエヌジー販売株式会社(社長:伊藤 克己、以下「水島エルエヌジー販売」)は、平成19年11月1日からJX日鉱日石エネルギー株式会社水島製油所A工場内のLNG基地において、タンクの増設工事を進めてまいりました。 (平成19年11月1日お知らせ済み)

本日、水島LNG基地では2基目となるタンク(16万kl)および関連設備の増設工事が竣工し、営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

水島LNG基地の設備増設は、環境意識の高まり等により天然ガス需要の増加が見込まれることから実施したものであり、今回の増設により、年間約100万トンの天然ガス・LNG販売が可能となりました。

水島エルエヌジーおよび水島エルエヌジー販売は、引き続き安全操業と環境保全に留意し、クリーンエネルギーである天然ガスの安定供給を通じて、地域社会の発展に努めてまいります。

水島LNG基地増設工事の竣工について

写真手前が2基目(増設)LNGタンク

■ 11/03/30 「東北地方太平洋沖地震」被災された皆さま・被災地への支援について

この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申しあげますとともに、
被災されました多くの皆さまに心よりお見舞いを申しあげます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

平成23年3月30日

水島エルエヌジー株式会社
代表取締役社長 宮崎 憲二

水島エルエヌジー販売株式会社
代表取締役社長 伊藤 克己

■ 10/12/07 基地増設工事、概ね完了し、現在試運転実施中

基地増設工事、概ね完了し、現在試運転実施中

基地増設工事、概ね完了し、現在試運転実施中

12月7日よりNO.2LNGタンク 窒素置換開始

■ 10/07/01 LNGタンク、集液ポンド、設備基礎、配管、電気・計装工事施工中

LNGタンク、集液ポンド、設備基礎、配管、電気・計装工事施工中

LNGタンク PUF、ヒーター施工中

集液ポンド、設備・配管基礎施工中

基地内配管敷設中
保温・保冷施工中、配管塗装中

電気・計装工事施工中
11kV分岐盤搬入・据付(5月31日:左写真)

■ 10/05/06 LNGタンク、ブリージングタンク、集液ポンド、設備基礎、配管、電気・計装工事施工中

LNGタンク、ブリージングタンク、集液ポンド、設備基礎、配管、電気・計装工事施工中

LNGタンク、ブリージングタンク(左写真)施工中

集液ポンド、設備・配管基礎施工中

基地内配管敷設中

電気・計装工事施工中

■ 10/05/06 販売設備 ローリー上屋完成、舗装、排水、配管、電気・計装工事施工中

販売設備 ローリー上屋完成、舗装、排水、配管、電気・計装工事施工中

水島LNG販売設備

ローリー上屋完成
周囲舗装・排水工事施工中

配管敷設中

電気・計装工事施工中

■ 10/03/01 増設LNGタンク、ブリージングタンク施工中

増設LNGタンク、ブリージングタンク施工中

LNGタンク 水張り中
屋根上散水配管・付属品・導圧管取付中
頂部・側部保護コンクリート施工中

ブリージングタンク基礎施工中
(左写真:2月18日基礎コンクリート打設)

■ 10/03/01 取水設備、配管、BOG圧縮機、電気計装工事施工中

取水設備、配管、BOG圧縮機、電気計装工事施工中

海水取水設備施工中(左写真:2月3日機器搬入)
放水設備周り排水設備施工中

基地内配管敷設中

BOG圧縮機据付中

電気計装工事施工中

■ 10/03/01 販売設備 LNGローリー出荷設備、ガス送出設備施工中

販売設備  LNGローリー出荷設備、ガス送出設備施工中

水島LNG販売設備

ローリーエリア基礎・鉄骨施工中
トラックスケール搬入(左写真:基礎施工)

ガス送出配管用基礎・鉄骨施工中
ガス送出配管施工中

■ 10/02/01 増設LNGタンク施工中

増設LNGタンク施工中

LNGタンク 外部ステージ組立中
内槽付属品設置中・屋根ノズル取付中
PCケーブル緊張中(左写真)

■ 10/02/01 取水設備、配管、BOG圧縮機、電気計装工事施工中

取水設備、配管、BOG圧縮機、電気計装工事施工中

海水取水設備施工中
放水設備周り排水設備施工中

基地内配管敷設中

BOG圧縮機据付中

電気計装工事施工中
変圧器搬入据付(1月18日:左写真)

■ 10/01/05 増設LNGタンク、設備倉庫、取水設備、配管、BOG圧縮機施工中

増設LNGタンク、設備倉庫、取水設備、配管、BOG圧縮機施工中

LNGタンク 外部ステージ組立中
内部管設置中・屋根ノズル取付中
PCケーブル挿入・緊張中

LNG設備倉庫施工中
海水取水設備施工中
基地内配管敷設中
BOG圧縮機据付中(左写真)

■ 09/12/01 増設LNGタンク、設備倉庫、取水設備、ラック基礎・鉄骨、配管施工中

増設LNGタンク、設備倉庫、取水設備、ラック基礎・鉄骨、配管施工中

LNGタンク 外部ステージ組立中
内部管設置中・屋根ノズル取付
PCケーブル挿入中・大工事口閉塞工事中

LNG設備倉庫施工中
海水取水設備施工中
ラック 基礎・鉄骨施工中
基地内配管敷設中

■ 09/11/02 増設LNGタンク内槽・外部ステージ施工中

増設LNGタンク内槽・外部ステージ施工中

LNGタンク 内槽組立中・外部ステージ組立中
内部管地組中・屋根ノズル取付中
大工事口閉塞工事中

10月8日、9日 LNGタンク内槽屋根ジャッキダウン
を実施

■ 09/11/02 取放水設備、増設建屋、ラック基礎・鉄骨、配管施工中

取放水設備、増設建屋、ラック基礎・鉄骨、配管施工中

海水取水設備ピット周り基礎施工中
海水放水設備周り排水設備施工中
LNG管理棟増築(写真左側)内外装仕上中
ラック 基礎・鉄骨施工中
基地内配管敷設中
共通仮設足場設置中

■ 09/10/19 NO.2LNGタンク内槽にて

NO.2LNGタンク内槽にて

水島LNG増設工事施工管理を担当している技術部6名のメンバーです。(NO.2LNGタンク内槽にて)

■ 09/10/15 LNGローリー出荷10,000台達成

LNGローリー出荷10,000台達成

平成18年7月1日の出荷開始以来、3年3ヶ月強を経て、無事故・無災害で出荷10,000台目を迎える事が出来ました。

■ 09/10/01 取放水設備、増設建屋、ラック基礎・鉄骨、配管、LNGタンク内槽施工中

取放水設備、増設建屋、ラック基礎・鉄骨、配管、LNGタンク内槽施工中

海水取放水設備 海上工事終了・陸側ピット躯体施工中(左写真:取水設備)
LNG管理棟・BOG圧縮機室 躯体・鉄骨施工中
ラック 基礎・鉄骨施工中
基地内配管敷設中
LNGタンク 内槽・頂部ステージ組立中
共通仮設足場設置中

■ 09/09/06 販売設備安全祈願祭実施、建設着工

販売設備安全祈願祭実施、建設着工

平成21年9月6日水島LNG販売設備増設工事安全祈願祭を執り行いました。

神事 福田神社
清祓 LNGローリー出荷場(左写真)

■ 09/09/01 取放水設備、ラック基礎・鉄骨、増設建屋施工中

取放水設備、ラック基礎・鉄骨、増設建屋施工中

海水取放水設備 陸側ピット躯体施工中・取水管据付終了(左写真)
ラック 基礎・鉄骨施工中
BOG圧縮機室 鉄骨施工中
LNG管理棟 基礎施工中
付臭室 外構施工中
ガスクロ室 内外装施工中

■ 09/09/01 増設機器搬入、増設LNGタンク内槽施工中

増設機器搬入、増設LNGタンク内槽施工中

BOG昇圧圧縮機搬入・組立(左写真)
LNGタンク内槽 底板・側板組立中
共通仮設足場設置中

■ 09/08/03 増設LNGタンク内槽施工中

増設LNGタンク内槽施工中

LNGタンク内槽 底板・側板組立中

■ 09/08/03 増設機器搬入、ラック基礎・鉄骨、取放水設備、増設建屋施工中

増設機器搬入、ラック基礎・鉄骨、取放水設備、増設建屋施工中

付臭剤ポンプ搬入
BOG圧縮機 基礎施工中
ラック 基礎・鉄骨施工中
LNG管理棟・BOG圧縮機室 基礎施工中
海水取放水設備 陸側ピット躯体施工中・浚渫終了(左写真:取水設備)
共通仮設足場設置中

■ 09/07/01 増設機器搬入、ラック基礎・鉄骨、取放水設備、増設建屋、LNGタンク内槽施工中

増設機器搬入、ラック基礎・鉄骨、取放水設備、増設建屋、LNGタンク内槽施工中

LNG気化器搬入(6月15日)
セカンダリーLNGポンプ バレル搬入(6月30日)
ラック 基礎・鉄骨施工中
ガスクロ室 基礎施工中
海水取水設備 海上工事着工(6月25日)
海水放水設備 陸側埋設放水管設置、浚渫準備
LNGタンク内槽側板組立中、底部保冷施工中

■ 09/06/01 増設LNGタンク内槽施工中

増設LNGタンク内槽施工中

LNGタンク内槽側板組立中、底部保冷施工中

■ 09/06/01 増設機器・ラック基礎、取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック基礎、取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック 基礎・鉄骨施工中
海水取水設備 底版配筋・型枠組施工中
海水放水設備 管路部床付掘削中(左写真)
付臭室 躯体コン打設実施(5月27日)

■ 09/05/11 増設機器・ラック基礎、取放水設備、増設建屋、LNGタンク内槽施工中

増設機器・ラック基礎、取放水設備、増設建屋、LNGタンク内槽施工中

増設機器・ラック・付臭室 基礎施工中。
海水取水設備 ピット部掘削、躯体施工中。(左写真)
海水放水設備 管路部掘削中。
BOG圧縮機 基礎杭打設中。

LNGタンク内槽側板組立中、底部保冷施工中

■ 09/03/30 増設LNGタンク屋根浮上実施

増設LNGタンク屋根浮上実施

平成21年3月30日 LNGタンク屋根浮上を実施しました。

(注釈)LNGタンク屋根浮上:LNGタンク内へ大型送風機により空気を送り込み、空気圧力により屋根を浮上させる。[浮上重量:約2,000t、浮上距離:約29m、浮上時間:約3時間]

■ 09/03/30 増設機器・ラック基礎、海水取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック基礎、海水取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック 基礎施工中。

海水取水設備 掘削前準備工事施工中。

海水放水設備 鋼矢板打設中。

BOG圧縮機室 杭打設中。

■ 09/03/02 増設LNGタンク外槽屋根・側部施工中

増設LNGタンク外槽屋根・側部施工中

平成21年2月10日にLNGタンク防液堤第12ロット(最終)コンクリート打設を実施後、タンク内外足場解体中。プレストレス作業着手、ケーブル挿入。

外槽屋根・側板、タンク付属品、昇降階段組立中。

■ 09/03/02 増設機器・ラック基礎、海水取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック基礎、海水取放水設備、増設建屋施工中

増設機器・ラック基礎施工中。

海水取水設備鋼矢板打設中。

LNG管理棟躯体解体撤去中、BOG圧縮機室北側外壁・階段撤去中。

■ 09/02/02 増設LNGタンク防液堤(12/12ロット)、内槽・外槽屋根施工中

増設LNGタンク防液堤(12/12ロット)、内槽・外槽屋根施工中

LNGタンク防液堤第12ロット構築中。

内槽屋根、外槽屋根、昇降階段組立中。

■ 09/01/05 増設LNGタンク防液堤(12/12ロット)、内槽・外槽屋根施工中

増設LNGタンク防液堤(12/12ロット)、内槽・外槽屋根施工中

平成20年12月2日にLNGタンク防液堤第10ロット、12月26日に第11ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第12ロット構築中。

内槽屋根、外槽屋根、昇降階段組立中。

■ 08/12/22 増設機器基礎・海水取水設備 杭打ち開始

増設機器基礎・海水取水設備 杭打ち開始

平成20年12月22日に増設機器基礎・海水取水設備の杭打ちを開始しました。

■ 08/12/01 増設LNGタンク防液堤(10/12ロット)、内槽屋根施工中

増設LNGタンク防液堤(10/12ロット)、内槽屋根施工中

平成20年11月11日LNGタンク防液堤第9ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第10ロット構築中。

内槽屋根板組立中。

■ 08/11/04 増設LNGタンク防液堤(9/12ロット)、内槽屋根施工中

増設LNGタンク防液堤(9/12ロット)、内槽屋根施工中

平成20年10月22日LNGタンク防液堤第8ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第9ロット構築中。

内槽屋根板、ナックル板を組立中。
(注釈)ナックル板:側板と屋根板を接続する板

■ 08/10/02 増設LNGタンク防液堤(8/12ロット)、内槽屋根・側板施工中

増設LNGタンク防液堤(8/12ロット)、内槽屋根・側板施工中

平成20年9月8日LNGタンク防液堤第6ロット・平成20年10月2日LNGタンク防液堤第7ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第8ロット構築中。

内槽屋根板、内槽側板(最上段)および外槽側板(ライナープレート)を組立中。

■ 08/09/09 増設LNGタンク内槽屋根センターリング取込

増設LNGタンク内槽屋根センターリング取込

平成20年9月9日増設LNGタンク内槽屋根センターリング取込中。

■ 08/09/01 増設LNGタンク防液堤(6/12ロット)、外槽底板・底部保冷施工中

増設LNGタンク防液堤(6/12ロット)、外槽底板・底部保冷施工中

平成20年8月11日LNGタンク防液堤第5ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第6ロット構築中。

外槽底板の配列・溶接、底部保冷工事、内槽屋根施工用架台設置を実施中。

■ 08/08/01 増設LNGタンク防液堤(5/12ロット)、外槽底板施工中

増設LNGタンク防液堤(5/12ロット)、外槽底板施工中

平成20年7月15日LNGタンク防液堤第4ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第5ロット構築中。

平成20年7月14日LNGタンク機械工事着工。
外槽底板の配列・溶接を実施中。

■ 08/07/01 増設LNGタンク基礎中央部コンクリート打設、防液堤(4/12ロット)施工中

増設LNGタンク基礎中央部コンクリート打設、防液堤(4/12ロット)施工中

平成20年6月14日LNGタンク基礎中央部のコンクリート打設を実施。

平成20年6月17日LNGタンク防液堤第3ロットのコンクリート打設を実施後、防液堤第4ロット構築中。

タンク基礎版・防液堤(第1ロット)にプレストレス
(圧縮力)を導入するため、PC用鋼線による緊張を実施した。

■ 08/06/02 増設LNGタンク基礎中央部鉄筋、防液堤(3/12ロット)施工中

増設LNGタンク基礎中央部鉄筋、防液堤(3/12ロット)施工中

LNGタンク基礎中央部鉄筋設置、平成20年5月20日LNGタンク防液堤第2ロットのコンクリートの打設を実施後、防液堤第3ロットの鉄筋、型枠、PC用鋼線のさや管設置を実施中。
基礎版・防液堤PC用鋼線挿入中。

(注釈)さや管:PC用鋼線を挿入するため、コンクリート内に埋設する配管

■ 08/05/01 増設LNGタンク基礎中央部ヒータ管、防液堤(2/12ロット)施工中

増設LNGタンク基礎中央部ヒータ管、防液堤(2/12ロット)施工中

LNGタンク基礎中央部ヒータ管設置、防液堤第2ロット(全12ロット)の鉄筋、型枠、PC(プレストレストコンクリート)用鋼線のさや管設置を実施中。

■ 08/04/05 増設LNGタンク基礎版外周部等コンクリート打設

増設LNGタンク基礎版外周部等コンクリート打設

平成20年4月5日 LNGタンク基礎版外周部・防液堤第1ロットのコンクリート打設を実施。
(打設量:約2,000m3)

■ 08/03/31 水島エルエヌジー蠢資の完了について

2008年3月31日増資が完了しました。

資本金:2億円(増資前) ⇒ 8億円(増資後)

■ 08/03/03 増設LNGタンク基礎鉄筋組立中、基礎内設備設置中

増設LNGタンク基礎鉄筋組立中、基礎内設備設置中

LNGタンク鉄筋基礎組立、内槽支持材・地盤凍結防止用ヒータ配管・PC(プレストレストコンクリート)用鋼線のさや管設置を実施中。

■ 08/01/30 増設LNGタンク杭打完了、基礎鉄筋組立中

増設LNGタンク杭打完了、基礎鉄筋組立中

LNGタンクの杭打ち、基礎均しコンクリートを完了しました。
基礎鉄筋の加工、組立てを実施中。

■ 07/12/25 LNGローリー出荷5,000台達成

LNGローリー出荷5,000台達成

出荷開始から1年6ヶ月で5,000台目の出荷となりました。

■ 07/12/06 増設LNGタンク杭打工事中にLNG船を受入

平成19年12月5日〜6日 増設LNGタンク杭打ち工事中にLNG船を受入れました。

増設LNGタンク杭打工事中にLNG船を受入

今回で11船目の受入れとなります。

■ 07/12/01 増設LNGタンク杭打工事開始

平成19年11月2日より増設LNGタンク杭打ち工事を開始しました。

増設LNGタンク杭打工事開始

1日あたり約15本の打設により12月1日現在
402本/649本の杭打ちが完了しています。

■ 07/11/01 水島LNG基地増設工事安全祈願祭の開催

11月1日に安全祈願祭を実施し、建設着工しました。

水島LNG基地増設工事安全祈願祭の開催

増設LNGタンク建設予定地にて、工事関係者出席のもと、安全祈願祭を実施しました。

地鎮之儀【鍬入之儀】

水島LNG基地増設工事期間(計画)
平成19年11月〜平成23年度中(運転開始予定)

■ 07/04/25 LNGローリー出荷3,000台達成

■ 07/03/27 カタールよりLNG船初入港

カタールよりLNG船初入港

<カタール船概要>
船 名:Al Bidda
積載量:135,000m3
全長:297.50m
全幅:45.75m

■ 06/12/04 水島LNG基地の設備増設について報道発表

水島LNG基地の設備増設について報道発表を行いました。

水島LNG基地の設備増設について報道発表

1.増設設備概要:LNGタンク(16万kl)×1基
気化器(高圧75トン/時×2台、高低圧兼用予備×1台)
出荷レーン(15トン/時×2口)
2.着工時期:平成19年11月(予定)
3.運転開始:平成23年度(予定)

■ 06/09/30 LNGローリー出荷1,000台達成

■ 06/07/01 LNGローリー出荷開始

■ 06/05/19 パイプライン出荷開始

■ 06/05/17 オマーンよりLNG船初入港

中東のオマーンからは片道約2週間をかけてLNGが運ばれます。平成18年度はオマーンからのLNGを4回受け入れました。

オマーンよりLNG船初入港

<オマーン船概要>
船 名:Nizwa LNG
積載量:145,000m3
全 長:289.50m
全 幅:49.00m

■ 06/01/16 西豪州よりLNG船初入港

第1船となる西豪州LNG船を受け入れ、平成18年3月末まで 水島LNG基地の総合試運転を行いました。

西豪州よりLNG船初入港

<西豪州船概要>
船 名:Northwest Snipe
積載量:125,000m3
全 長:272.00m
全 幅:47.20m

Copyright(C) 2007 MIZUSHIMA-LNG. All rights reserved.