水島エルエヌジー株式会社

〒712-8071 岡山県倉敷市水島海岸通4丁目2番地
(ENEOS(株)水島製油所A工場内)

ご挨拶

水島エルエヌジー・旧水島エルエヌジー販売の社屋外観

LNG基地の安全・安定操業に努め、
クリーンエネルギーの供給を通じて
地域社会に貢献してまいります


水島エルエヌジー株式会社は、2006年4月に中国地方東部のLNG輸入・供給拠点として営業運転を開始しました。


埋蔵量が豊富な天然ガスを液化させたLNGは、人や環境に優しいクリーンなエネルギーです。
二酸化炭素(CO2)の増加による地球温暖化問題は世界的な喫緊の課題ですが、その解決のひとつとして環境負荷の小さいLNGは今後も堅調な需要の伸びが期待されています。そのような社会的な要請に応え、お客様にクリーンなエネルギーを安定的にお届けすることを第一に考え、水島LNG基地から供給するLNG・天然ガスは、発電用・都市ガス用をはじめ、産業用の燃料としても、地域のみなさまに広くご利用いただいています。


水島エルエヌジー株式会社は、2011年4月1日に2基目となるタンク(16万kl)の営業運転を開始し、今後の更なるLNG・天然ガス需要の増加にも対応可能となりました。また、岡山市内への安定的な天然ガス輸送を目的とした高圧導管「岡山パイプライン」の運用を2011年7月1日から開始しております。


2016年4月で営業運転開始から10年を迎えた水島エルエヌジー株式会社は、コンプライアンスを最優先にLNG基地の安全操業とクリーンなLNG・天然ガスの安定供給を通じて、地域のみなさまへのエネルギー供給と環境保全に貢献してまいります。


2020年6月
代表取締役社長
井川 三郎

会社概要

【会社概要】

設立 事業内容 資本金 株主構成
2001年12月21日
  • 液化天然ガスの受入、貯蔵、気化およびガス送出事業
  • ガス導管事業(都市ガス会社等に天然ガスを輸送するための導管を運営する事業)
8億円 中国電力(50%)
ENEOS(50%)

【沿革】

  • 2006年01月16日 水島エルエヌジー:基地建設工事が完了し、LNG第一船「NORTHWEST SNIPE」受入れ
  • 2006年04月01日 水島エルエヌジー:基地営業運転開始
  • 2006年05月19日 旧水島エルエヌジー販売:都市ガス会社への送ガス開始
  • 2006年07月01日 旧水島エルエヌジー販売:LNGの出荷開始
  • 2007年11月01日 水島エルエヌジー:基地増設工事着工
  • 2009年06月01日 旧岡山パイプライン:ガス導管敷設工事着工
  • 2009年10月15日 旧水島エルエヌジー販売:ローリー出荷が通算1万台を達成
  • 2011年04月01日 水島エルエヌジー:増設基地(2基目)営業運転開始
  • 2011年07月01日 旧岡山パイプライン:ガス導管営業運転開始
  • 2013年06月01日 水島エルエヌジー:水島エルエヌジー販売および岡山パイプラインと合併
    ※水島エルエヌジー販売は会社分割を行い、販売に関する事業については、
    ENEOSおよびエネルギア・ソリューション・アンド・サービス
    (中国電力100%子会社)へ承継し、販売設備の維持管理事業を
    水島エルエヌジーへ承継

所在地

水島地区略図

※LNG基地をクリックすると「水島LNG基地全体配置図」が見れます。